女性活躍推進委員会

概要

委員長 坂田 千代子
(株式会社あわわ 会長)
副委員長 植田 貴世子 (株式会社クラッシー 代表取締役)
佐野 美佐子(佐野社会保険労務士事務所 所長)
設置目的
  • 女性が社会でいきいきと活躍できる環境づくりを推進し、徳島の活性化を目指す
活動目標
  • 女性の社会進出や活躍状況の実態について調査・研究する
  • 専門家を招き勉強会(セミナー)を開催
  • 地公体・県内外団体との情報交換会、懇談会など実施
提言内容
  • 女性の社会進出や活躍に向けて調査・研究し課題を明らかにする
  • 提言する内容・分野を決める(提言は次年度)
委員長方針

 女性活躍推進委員会では、「徳島県から更なる女性活躍推進の発信」をテーマとして活動していきたいと考えております。女性が職場で能力を発揮し活躍できる社会を実現するため、2016年4月に女性活躍推進法が施行されてから約2年が経過。大企業はもちろん中小企業においても、女性活躍の重要性を理解し、取組を加速させていくことが求められています。

 ビジネスにおける女性の人材育成やリーダー登用が進むなか、2017年5月には60を超える国々から女性経営者や女性起業家が参加した「世界女性サミット」が初めて東京で開催され、女性の活躍に向けた活発な議論が交わされ、その後開催された男女共同参画会議では、女性の企業に対する支援の強化が重点取組事項案として検討されるなど、女性活躍に対する注目はいっそう高まっています。こうしたなか、徳島県は現在までに「管理職に占める女性の割合全国1位」「女性社長比率全国トップクラス」「家計に占める妻の所得割合全国1位」「子育て支援企業全国1位」「都道府県審議会等委員に占める女性の割合全国1位」という数々の輝かしい記録を誇っております。

 しかしながら、行政機関や様々な団体等が女性活躍推進についての取組を行っているものの、まだどこにおいても途中段階と言えるのではないでしょうか。

 「女性活躍推進委員会」では、女性の活躍推進の取組を一過性のものに終わらせず、今後も着実に前進させるための新たな総合的枠組みを検討し、提言としてまとめたいと考えております。女性は勿論、

 

年間計画

 

年間計画 6月 8月 10・12月 1月
 

・女性の社会進出及び

 活躍の実態調査事前協議

(アンケート内容など)

・アンケート等調査実施

・委員会内協議

・調査結果の分析

・情報収集協議

・専門家による勉強会と情報交換

・提言に向けた協議
活動報告 会報掲載 会報掲載 会報掲載 理事会