沖縄視察(2019.3.15~3.17)

2018年度の青年部会内外交流委員会視察は、部会長の「温故知新」の方針に沿って、3月15日(金)~17日(日)にかけて沖縄県を訪問した。
 現地では、インバウンド誘致の成功事例を学ぶため、(一社)沖縄コンベンションビューローを訪問、また琉球藍の農場兼工房にも足を運び、琉球藍の歴史や阿波藍との違いについて話を聞いた。

視察概要

2019年度青年部会総会(2019.5.13)

  5月13日(月)午後6時からホテルグランドパレス徳島において、2019年度青年部会総会が開催され、部会員17名(他に委任状提出者7名)が出席した。
 最初に小西啓之青年部会長(㈱永和代表取締役社長)から挨拶があり、「温故知新」をテーマに活動した1年間を振り返り、また新部会長にエールを送った。この総会で、長江勇樹氏(㈲円満代表取締役)が新部会長となり、役員体制も一新された。長江新部会長は、「今年度の部会長方針である『真善美』という人間の価値観を高めて、今後我々の会社経営ならびに地域貢献に邁進したい。各委員会からも意欲的な計画が出ているので、ご協力をお願いしたい」と決意を述べた。
 総会後に開催された懇親会には、岡田・坂田両代表幹事も参加した。岡田代表幹事は挨拶で、前小西部会長の労をねぎらい、新長江部会長の活動方針について「令和の始まりにふさわしい活動方針なので、積極的な活動をお願します」と述べた。その後、坂田代表幹事とともに、青年部会員との交流を深めた。

 


◇部会長方針   長江勇樹(㈲円満 代表取締役)  

  2019年度、青年部会は『真善美』をテーマにとりあげ、地域や各事業所また歴史や文化など幅広いことに目を向けて、活動していきたいと思います。 昨年度は、小西部会長のもと『温故知新』をテーマに、文化・芸術など改めて国際化が加速していく中、日本人として再認識できる年でありました。そして本年はそこから見えてきたものが、真、善、美の価値感であります。 本年度は、平成に代わり新たな元号幕開けの年であります。新しく時代が次々と変化していく中、時代に流され自分を見失うことがあるかもしれません。そんな中で、自分を見失わずに立ち続けるためには、何か拠り所となる内的な価値観を持つことが必要と考えます。 本部会が、益々活発に活動しますよう、会員皆様方のご協力をよろしくお願い致します。

SUP体験イベントのご案内(2021.9.11)

詳しくは下記PDFをご覧ください

(PDF)SUP体験イベント案内状

 


 

開催日時:2021年9月11日(土)午前中
 ※集合時間はコースによって異なります。詳しくは添付の案内状をご覧ください
 ※体験後、修了式で記念品と修了証をお渡しして解散となります。
参加費:※保険代含
 ビギナーコース 2000円 
 チャレンジコース 4000円
 マスターコース 無料
 ※青年部会主催企画ですので、青年部会の方は参加費は部会費負担となり、無料です。
集合場所:新町川ひょうたん島乗船場
定員※先着順
 20名(ビギナー・チャレンジ各5名・マスター10名)
申込締切日:2021年9月6日(月)

セミナー(2019.7.22)

 7月22日(月)、徳島合同証券株式会社において、澤上篤人氏(さわかみ投信株式会社取締役会長)を講師に迎え、さわかみ事業承継セミナーが開催された。青年部会員を中心とした本会会員及び一般参加者の合計59名が参加し、澤上氏からは、中小企業支援に対する熱い思いと支援策について語っていただいた。
<セミナーまとめ>
 中小企業は現在、経営者の高齢化や後継者の不在、資金繰りの悪化等の理由で、事業をたたむケースが後を絶たない。われわれは、このような現状を踏まえ、困難に直面している中小企業をできるだけ早く、また1社でも多く支援することが重要であると考えた。そこで、経営全般から資金繰りまでお手伝いし、それぞれの企業が持っている強み、技術力や製品の特殊性、研究開発力などを生かしてもらいつつ、不足している部分をサポートしていく仕組みを作り上げた。

 

 澤上氏は最後に、「この企業がなくなっては困る。日本にとって損失であり、何とかしたい」という強い思いを持った人たちと一緒になって、中小企業を支えていきたいと締めくくった。

情熱遍路(2021.3.27)

3月27日(土)、青年部会では「情熱遍路」と題して、四国遍路の難関コース焼山寺道を踏破するイベントを開催し、近藤部会長をはじめ、親会も含めた総勢9名が参加した。

第11番札所の藤井寺から第12番札所の焼山寺までの高低差700m、距離約13kmの遍路道は、徳島一番の難所といわれ、「へんろころがし」と呼ばれている。

午前中は、先達の佐野氏を先頭に、休憩をはさみつつ山道のアップダウンを楽しんだ。見晴らしの良い尾根筋からは、吉野川隆起を望む絶景ポイントがあり、参加者からは感嘆の声が上がった。柳水庵で昼食をとり、午後からの道程では、満開の桜を鑑賞することもでき、休憩を含め約7時間をかけて歩いた「遍路ころがし」では誰一人リタイアすることなく、全員が無事に歩き終えることができた。

体験型お勤め「くす供養」のご案内(11月21日・会員限定)

1.  日 時  2019年11月21日(木)17:00~20:00
2. 場 所  四国霊場第6番安楽寺
        (板野郡上板町引野字寺ノ西北8 TEL:088-694-2046)
3. 行程表  17:00 講演
             演題「三好氏と勝瑞城館」(仮)
             講師 重見髙博氏(藍住町教育委員会)
        18:00 夕食
        19:00 お勤め・法話
 4. 参加費  2,000円(夕食、お勤め・法話)※除く交通費
        青年部会員は会費より拠出いたします

  5. 申込期限 2019年11月11日(月)

※交通手段については、参加人数を踏まえて決定いたしますので、別途最終案内にてお知らせします。

まちづくりセミナー(2021.6.4)

 6月4日(金)、徳島合同証券㈱会議室において、空元香安莉氏(NHK徳島放送局企画編成部職員)を講師に迎え、『次元を超えたコラボで魅力あるまちづくりをPR』と題して、講演会が開催された。本セミナーは青年部会会員研修委員会企画で、リアルとWEBの併用により実施され、三谷青年部会長をはじめリアルでは7名、WEBでは8名が参加した。

 

<セミナー要旨>

【伝えるためのNHKの取組み事例】

 NHKでは、防災意識の向上を目的に、アニメのキャラクター(あんさんぶるスターズのAdamの乱凪砂、七種茨)を出演させた防災番組をラジオで企画放送した。ラジオをツールとして選択したのは、災害時に伝達ツールとして有効であるため。登場するアニメキャラクターの2人は、我々の住む三次元の世界には当然実在しないのだが、いかにも実在するかのような、想像力あるいは妄想力を掻き立てるような、楽しめる仕掛けづくりをした。届けるターゲットは10代~30代の女性としたところ、想像以上に大きな反響があった。ファンの人は反応しSNSを拡散した結果、「いいね!」は15,000件にも及んだ。

 

【アニメとコラボしたまちづくり】

 上記のような二次元のアニメとのコラボレーションによる情報発信の手法は、徳島の観光やまちづくりにも活用することができる。他県でもアニメとコラボした好事例が見られる。静岡県沼津市は、アニメ「ラブライブ!」の舞台となっており、聖地として数多くの観光客が訪れている。茨城県大洗町はアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台であり、コラボによる様々な企画により町の活性化を図っている。徳島は、「まちアソビ」があるなどアニメ文化が根付いている。例えば、観光PR目的で四国の電車旅を企画配信するとする。そこに、二次元のアニメの人気キャラクターを出演させ、声優の声を入れる。実際に存在し、一緒に旅をしているかのような錯覚を覚えさすような仕掛け、想像力が刺激され自ら発信したくなるような仕掛けをちりばめるのである。

  徳島を盛り上げていく一つの施策として、現実(三次元)と架空(二次元)を融合させPRしていくことも有効だと思われる。